ロゴ
HOME>Column>矯正治療で歯並びの悪さを治療!【早期治療がいい理由】

矯正治療で歯並びの悪さを治療!【早期治療がいい理由】

口元

歯並びが悪いことで起こる影響とは

高度成長と共に外国文化が日本に押し寄せ、食生活も大きく変わりました。お米一辺倒の暮らしから、パンやパスタ、お菓子には甘いケーキと言った手軽に食べることが出来るものが好まれるようになりました。これらの弊害の一つとして、よく噛むことをしなくても喉を通ってしまうと言うことでした。子供の頃から柔らかいものを食べる習慣がつくようになり、成長期にあごがキチンと発達しないと言う悪現象が起きてしまうことになりました。その結果として、歯並びの悪い子供が多く育ってしまった訳です。この歯並びが悪いことを放っておくと、体に悪い影響をたくさん及ぼすことになってしまいます。まず、歯並びが悪いことで、食べ物のカスが溜まりやすく、虫歯の原因になることです。また食べカスが残ることで、口臭の原因にも繋がることになり、食事をするたびに、毎回歯を磨く必要が出て来てしまいます。あごがキチンと発達しないこともあり、顔の形にも悪い影響を与えてしまいます。その他肩こりや頭痛、更には内臓に対しても悪い結果を生むと考えられ、早めの治療が望まれます。日進駅近くに住む人は、早めに歯の矯正に向かい、健康な体を取り戻しましょう。

模型

矯正歯科での治療が人気の理由

子供の頃の八重歯は、かわいいと評判になることもあります。ですがそのまま放っておくと、大きな悲劇を待っている場合もあると、ご存じでしょうか。まず、歯と歯の噛み合わせが悪いことから、他の歯に余計な負担をかけることになるとか、歯と歯の間に隙間が出来ることから、カスが溜まり虫歯の原因になると言うことがあります。同様に虫歯だけでなく、歯周病と言う病気をもたらす危険性も大きくなってしまいます。このような歯並びが悪い場合には、子供頃から修正することで、健康を害さない暮らしが出来るようになります。そのことから、今、日進駅近くの矯正歯科にたくさんの患者さんが訪れています。矯正方法もいろいろとあり、キチンと相談に乗ってくれることも、大きな強みとなっています。